アフリカで生活するという事。

Bonjour.
皆さんお久しぶりです。
はい。正直少し面倒くさくなってサボってました。すみません。笑
今後は、焦らずゆっくり更新して行こうと思います。

今回は長いよー。笑


任地であるランバレネに来て1ヶ月が経ち、先週から小学校での活動が始まりました。
今のところは、5校を回って、l'EPS(体育)とl'art(図工)の授業を大体60〜90人相手にやってます。

先日言った人もいますが年齢が様々で、10歳くらいから17歳くらい子どもがいます。
というのも、ここガボンではヨーロッパ式なため小学校から留年があります。
しかも!教師によるストライキで単位数が足りず全員が無条件で留年という、année blanche(空白の1年)なるものも存在します。恐ろしっ!!

と言うわけで、年度末に行われる試験に向けて皆んな勉強を頑張ります!
日本の小学生も見習って欲しいもんですね。笑

今後、活動の写真とか撮って、アップしてこーと思いまーす。



さてさて、健康だけが売りの私ですが、ここ最近勉強のし過ぎによる(これはマジ)知恵熱。サッカーのし過ぎによる疲れ、家のガーディアンから鼻風邪を移され、原因不明の蕁麻疹?によって一気にヤられました。。
しかし、休む事なく出勤しました!
さすが日本人!!病気なんかで仕事は休めません!!笑

でも、そんな状態で出勤すると、「大丈夫か?帰って寝ろ。」「飯食ってるか?」「薬は持ってるのか?」「とりあえず今日は私の家に泊まりに来なさい。」と職場の人全員が心配してくれます。
そして、同僚の2人が車で薬局に連れて行ってくれ薬を買ってくれ、次の日には病院にまで同行してくれました。
あ、もちろんその日はマダムの家にお泊まりに行きました♡
(※マダムの息子が25歳で私の同僚である。)

助け合いが当たり前で、自分の家族じゃなくても同じ家に住んだり、同じご飯を食べたり、そして私のような外国人を家に頻繁に招いてくれたり。全ての人がそうではないが、多くの人がそんな感じ。ベナンセネガルの同期隊員の話を聞いても同じような感じ。
果たして日本は、、、?
いきなり職場に来た外国人が体調壊したからと言って家に泊めたり、仕事中にもかかわらず病院に連れて行ったり、そんな話は聞いた事ないなぁ〜。

どちらが善くてどちらが悪いかなんて無いけど、自分自身ただただ嬉しかった。
これはきっとガボン人の優しさだけではなく、今活動してる隊員やこれまでの先輩達がこの国のために貢献しようと努力してきたからこそ、来たばっかりの私にここまで優しくしてくれたんだと思う。
国際協力もそうだし、”協力”するって事がどんな事なのが僅かながら自分なりに感じる事が出来た。
そんな1週間でした。


アフリカで生活するという事。
日本では、ほっとけば3日で治りそうな傷も、こっちではほっといたら1ヶ月かかっても治らず、ちゃんと手当てしなさいと怒られ、外食ではほとんど野菜が出ず肉か魚ばっか。
毎日30度を超えそれでなお日本を超える湿度の高さ、蚊、蟻(あり)、蜘蛛、ゴキちゃんは当たり前。停電も断水だってある。(そもそも水道が無い家がざらにある。)
一見果てしなく過酷な環境に見えるが、そんな中でも現地の人は1日1日楽しそうに活き活きと生活している。
時間や仕事、責任に追われて生活している日本とは違い、そこそこ働いてしっかり休む。家族を大事にし人との繋がりを何よりも大事にする。
もちろん日本にだって良いとこは沢山あるし、ガボンにだって改善すべき所は多くの見受けられる。
だったら今できるのは、日本の良さや技術を伝える事。
そして、日本に帰ったらガボンの、アフリカの良さを紹介したい。

アフリカで協力隊として、1人の人間として生活する上で、人と人との繋がりを大事にし、助け合う事。当たり前ながらついつい忘れがちであるそんな事が、大切なのかもしれない。

皆さんがこの事について振り返るキッカケになれば幸いです。


以上。
Merci beaucoup.

ps.
新年まで残りも僅か、その前にはクリスマスに誕じょ...おっとっと。
楽しみだな〜。

f:id:gbn-fran08:20151128221841j:image

Lambaréné!!

ぼんじゅーる!
ガボンに来てから始めたこのブログも四回目の投稿と同時に、はや一か月が経ちました。

そして、一昨日の11月2日についに私の任地であるLambaréné (ランバレネ)にやって来ました!!

なので、今回はそのことについて書いていこうと思います。

ガボンの首都であるリーブルビルから車で約4時間程でオゴエ川を中心に活気溢れる街ランバレネに着きます。

道中は、森の中(舗装されてるけど片道一車線)を100キロオーバーをキープしつつ3時間。はっきりいって超危険。

街に着くまでに2度ほど死ぬ思いをしました。

それでもずっと楽しみにしていた赤道の上で写真を撮ることができたので満足!

TOKYOまで14000キロ。。とお

それでも皆さんならガボンま足を運んでくれることを信じ、首を長くしてお待ちしておりますっ!!笑



街に着くとまず目に入るのがオゴエ川!!

僕が住んでいるところがちょうど三角州になっているらしい!

それにしても、でかい!太い!長い!少し下品な表現になりました。(笑)

 久しぶりにアフリカらしい大自然を感じることができました。

真を撮るのを忘れたんで、次の休日に撮ってまた投稿します。面目ない。



一通り表敬訪問(ここに興味無いだろうからとばします。笑)を終え、早速2年間お世話になるわが家へ!!

閑静な住宅街に平屋の一軒家。建物こそ古いが、塗装と中もいろいろと綺麗にして下さったおかげで綺麗。感謝。

家の中には生活に最低限必要な物はあるものの、洗濯機等は自分で購入しないといけないにでそのうち買いに行きます。。

にしてもやたらと椅子が多い。15人分くらいは確保されてる。笑

どんな人が住んでたんだろうか?笑





着いた日は、現地の先輩隊員の紹介でレストランで食事をとりました。

皆さん。お待たせいたしました。

ついに?ジビエを食べてまいりました!!

一つは、ガゼルをロディカ(チョコ?みたいなの)という現地のソースと煮込んであるもの。

もう一つが、ヤマアラシをトマトソースで着込んだもの。



はっきり言って旨い!!旨いぞジビエ!!

これは他の野生棒物ちゃんにも期待できそうです!!(^





明日からいよいよ活動が始まります!!

無理はせず、でも現地の人のために今の自分ができる精一杯の事をやっていこうと思います!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:gbn-fran08:20151105043458j:image
f:id:gbn-fran08:20151105043516j:image
この辺が赤道らしい。
f:id:gbn-fran08:20151105043612j:image
我が家〜♪

f:id:gbn-fran08:20151105043613j:image
ね?椅子多いでしょ?笑
f:id:gbn-fran08:20151105043758j:image
これがヤマアラシヤマアラシって何?笑
f:id:gbn-fran08:20151105043903j:image
こっちがガゼルです!!


首都生活も終盤。

bonjour!!

10月も終わりが近づき、日本ではだんだんと冬を感じられる季節になっていると思いますが、こちらは赤道直下。年中無休でお天道様がアホみたいに働いております。とにかく暑い。。

そして!!我らの熱血男が一年記念日を迎えました!!おめでとう!!

自分のことのように嬉しいです!このまま末永く仲良くやってほしいでう!!

 

こんな感じで三回目の投稿始めまーす(^^♪

 

 

まず、先週某番組でガボンのチバンガが放送されましたね。

見た人はいるのでしょうか??(笑)

僕は番組を見て、改めてアフリカって日本から遠いなー。って思いました。そんくらいですかね。笑

まだ首都にいるため、なかなかアフリカを感じられていません。

が、来週からいよいよ任地に配属になります!

任地からは刺激的な情報をお届けできると思います!!楽しみにしといて!!

 

 

今週は僕のホストファミリーと語学の先生の家に行って日本食を作ってきました。

まずは、カレー!!(日本食なのか?)ルーだけは日本から持って来たのでそれを使用。ほかの食材は現地で調達しました。

印象的だったのは豚!!新鮮な肉が美味しいぞ。ということでびっくりするほど新鮮な豚肉を買ってきてくれました。笑

まだ毛がついてる豚肉なんて初めて見ました。。

さばき方が分からないので、さすがにそれは家の人に切ってもらうことに。

せっかくなので、この二年間でジビエのさばき方をマスターしてやろうと思います!

アフリカの人は味が濃ゆいものや辛いものを好む傾向があるみたいで、日本の「中辛」じゃ物足りず、家にある調味料をバンバン入れてました。ちょっと悲しい。笑

でもカレーの味自体は嫌いではなかったみたい!

一応みんな「C´est bon!(美味しい!)」と言って食べてくれました!

こっちの人はお世辞とか言わないのでこーゆー時はうれしいな!

 

 

 

そして、こっちに来て初めてサッカーをしました!!

・22人中21人が黒人。

・ゼッケンは無いため、服を着ているか脱いでるかで仲間分け。

・グランドにマンゴーの木が二本。

・そこらじゅうに石と岩が埋まってる。

・ボールはボロボロで柔い。

正直環境としては最悪。でも、どんな環境であってもサッカーができればそれで充分!ってな感じで皆やってました!

 

足元の技術は低いけど、瞬発力とかジャンプ力、反射神経とかがすごい。そして何より荒い!!ファールも多いしその度にケンカしてる。(笑)

海外サッカーで乱闘騒ぎが起こるのも納得できるな~。

まあそんだけ本気だってことなのかな。この熱い情熱は日本も見習っていきたいね!

試合も無事勝利してアシストも出来たんで、来週の試合にも呼ばれましたんでまた行ってきます!!(^^

今のところガボンでの一番の楽しみサッカーですね!(笑)

 

次の投稿は任地に着いてから!家や周りの環境の紹介をしようと思います!!

では!(´◉◞౪◟◉)

 

 

f:id:gbn-fran08:20151028003444j:plain

左)鶏肉  右)豚肉   どこの部位なのかは不明。

f:id:gbn-fran08:20151028003456j:plain

ホームステイ先。が、パパとママは不在。

f:id:gbn-fran08:20151028003455j:plain

語学の先生と奥さん。他人丼作りました!

 

 

 

 

 

 

「ガボン人女性の魅力」 始まります。

 

Bonjour! Tout le monde! お待たせいたしました。待望の2回目の投稿です。

生きています!元気です!何の不満もストレスもありません!毎日暑いです!!

 

さて、この1週間でまたしても犯罪が。

ある任地で活動中の昼の時間帯に空き巣が入り、カメラやPC、現金等が盗まれたそうです。犯人こそ捕まったものの物は帰ってこなかったそうです。恐るべしガボン

そして、私もついに任地での家が決まりました。先輩の家(最近空き巣が入った。笑)や配属先が近く住宅街の中にあるちょっと古いが、お化け屋敷とまではいかない物件らしいです。引っ越し次第写真を載せるわ!

決まったのは良いが、塀は無く、鉄格子は手で外せる強度、以前住んでいた人が壁に穴を開けてエアコンを設置したためそこには板がはめてあるだけ。果たして大丈夫なのか。

明らかに安全面に問題がある気がするけど・・・。

引っ越してからの初投稿が「初日。空き巣が訪問。」にならなければいいけど。笑

いや、その可能性が大いにある。うーん、心配。笑

今のところ2部屋は使えるらしく皆さんを受け入れる態勢はバッチリ!!

お待ちしておりますっ♪

 

 

 

日本では浴衣や着物いった伝統的な服があるのと同様に、アフリカにも実に様々な服が存在します。そして、アフリカでは自分で好きな柄や色の布(pagne パーニュ)を買い、仕立て屋に持っていきオーダーメイドで作ってもらうのが主流です。これで日本円で約3000円。現地の人にとっては安くないけど、我々にはお買い得な気がします!!

ガボンに来た際にはぜひ!!自分だけのアフリカンな服を作りませんか?

もちろんあらかじめ自分でデザインを作成していれば、それ通りに作ってもらうことも可能ですよ!!

 

 

 

では、前回のリクエストにお応えしてズバリ「ガボンの美女」について迫っていきたいとおもいます。よし!

 

まず、ガボンには2つのタイプの女性がいます。

・全体的に大きい人

・スラッとしている人

まぁどこの国でもそうでしょう。ガボンでは比較的前者のタイプが多いです。

ですが、個人的にはやはり後者のタイプの方が好みですねえ~。

なんてったって、手足が引くくらいに長い。(ま○おより背が引くくても、まさ○より足が長いい人がゴロゴロ!あの○さおよりだよ!すげー場所だわほんと。)

そしてここが重要!!どんなにスラッとした人でも大事なとこは大きい!!ここは圧倒的に日本とは違うところですね。ハイ。

それからヒップ。なんていうのか・・・これはもう見てのお楽しみというくらいに文字では表現できないなあ。

あ、もちろん上の方も全く一緒でございますよ。(◉◞౪◟◉)

スタイル関していえば本当に同じ人間なのか?と本気で思うくらいに違います。

でもここまではあくまでもスタイルの話。

顔。となると、まだ来てからたかだか数週間。まだまだ日本人の方が魅力的ですね。

これから後2年間あるのでその辺の変化も個人的に楽しみですな。

今後は、いろんな女性と関わる機会が増えてくると思うので、これからは内面を含めたガボン人女性の魅力について報告したいと思います!!

Ps.ホームステイ先のママ姉妹が美人揃いでびっくり。笑

(※全て完全に個人的な意見です。)

 

と、まぁこんなとこかな!!

 

 

 

次回のリクエストは「ジビエの味」だったね!笑

ホストファミリーに頼んでみるわ!笑

それ以外にもリクエストどんどんお待ちしておりますんでよろしく!!

Au revoir.

 

f:id:gbn-fran08:20151019203634j:plain

ガボンと言えばオーバメヤン!!

 

f:id:gbn-fran08:20151019203614j:plain

これぞ本物のL’arc en ciel(読めるかな???)

 

f:id:gbn-fran08:20151019203621j:plain

f:id:gbn-fran08:20151019203629j:plain

ジビエの前に虫を頂いた。完全にいりこ。笑

 

f:id:gbn-fran08:20151019203645j:plain

これがオーダーメイドした服! 明日さらに2着アンサンブルが完成する!!

 

ガボン生活のはじまり。

Bonjour !! 
ガボンに来て約1週間が経過しました。この短い間で、隊員に対する犯罪が2件。事故が1件。計4名が被害に合いました。恐るべしガボン
 
このブログ見ている人が少ないという事(というか、そのつもり)で、だらだら緩く、赤裸々に語ろうと思います。が、何にせよまだ1週間。しかも、1人の外出は昼間でも危険だから避けるように、夜は更に危険な上にシマダラ蚊(マラリアのやつ)がいるため、外出は避けるようにと言われているため、なかなか楽しめてません。
更に、ガボン人は写真を撮られるのが嫌いらしくその辺で写真を撮ってたら、「おい!何撮ってんだ!とりあえず金よこせ!」と、いちゃもんを付けてくる輩も少なくないそうな。
まぁそもそも、街中でカメラなんか出したら、速攻で引ったくられるんだけどね( ̄▽ ̄)はは
恐るべしガボン
 
 
また、今週から語学勉強とホームステイが同時スタート!!
フランス語はボンジュールから再度復習。ありがたやぁ〜m(_ _)m
ホームステイ先はと言いますと、無事、富豪の家族に決定!!
1人部屋、シャワー、トイレ、クーラー、扇風機にWiFiまで完備!!
あ、もちろん車の送迎付きです!
はっきり行って日本にいた時より生活水準が高い!!
 
夕食にどんなゲテモノ料理が出るかと思いきや、初日はらたとゅーゆ?とサラダにパン。2日目もアボカドサラダにパスタにチキン。まじか。笑
ガボンらしさが微塵も感じられない。笑
これが石油の力。恐るべしガボン
 
 
 
 
それではここら辺でガボンの気候や物価、生活関係の情報。
 
ガボンには皆さんご存知の通り、乾季(7〜9)と雨季(10〜7)があります。なので、今は雨季。
と言っても、今のところ激しい雨は夜中に降ってるくらい。
気温はそれほど高くないけど、毎日ジメジメしていて、何もしていなくても汗は出ます。
 
日曜に教会に行ってきましたが、なんと4時間。しかもその半分が歌って踊るというもの。
初めての教会だとは言え、大変疲れました_| ̄|○
まぁアフリカンらしさを垣間見る事ができたからよし!
正直オススメはしません。笑
(※個人的な意見です。)
 
 
 
こちらのお金の単位はFCFA(ふらんせぇふぁ)というもので、日本の5分の1くらい?
皆さんの千円がこっちでは5千円、1万円が5万円程度の価値になる訳です。
(次回、僕の口座番号載せておくのでいつでも入金待ってます!)
つまり、遊びに来れば豪遊間違いなし!
リーブルビル。お金さえあれば何でも出来る国。ぜひ来国お待ちしております!!
 
あとはー、電気水道ガスは割と安定、道路もなかなか、たまにボコボコしてる。
建物は一部を除いて普通にアフリカン。(ただその一部がすごいキレイでデカい!!)
 
それから、女性がすごくオシャレ!!金が無くても服は買う!日本の大学生みたいな感覚なのかな?
男は...7割くらいサッカーのユニフォーム着てる。笑
この国の人はサッカーが大好きらしく、いつも浜辺で(土地が無いため)やってますね!
いつか混ざりたい!!
あと、そこらじゅうにデッカいトカゲがいる!写真が撮れれば載せます!!
 
 
まだまだ始まったばかりで、主に語学とホームステイ先にいるだけなんで、特に書くことないなー。
今後、日本では体験出来ないような事が起こればどんどん発信していこうと思いまーす!
 
と、最初なんで綺麗にまとめて書いてみました。( ̄▽ ̄)
次回の記事に載せてほしいこと、聞きたい事あればじゃんじゃん言ってください!
 
初投稿なんでコメントよろしくね♪

f:id:gbn-fran08:20151013062010j:plainma chambre   この整った環境は非常にありがたい。

f:id:gbn-fran08:20151013062040j:plain

パパとその子供。大西洋に沈む le soleil をバックにパシャリ。

f:id:gbn-fran08:20151013062044j:plain

市場で売られていたジビエ。豚とヤマアラシとワニ。ガボンでは何でも食べます。

f:id:gbn-fran08:20151013062046j:plain道路沿いに小さな店がずらーっと。

f:id:gbn-fran08:20151013062037j:plain隊員の連絡所からJICAの事務所に行くまでの道。ここだけ見れば皆さんの想像するアフリカじゃないよね。分かります。その気持ち。

f:id:gbn-fran08:20151013062042j:plain

僕に対する援助物資はここに送ってください。